ホーム / メールマガジン /

日本の権力格差

日本の権力格差

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

旅客機は通常、

機長と副操縦士が職務を分担して

フライトしています。

副操縦士から機長に昇格するためには、

10年程度の時間がかかり、

経験・技術・判断能力といった面において、

機長は副操縦士よりも格段に優れていると

考えられます。

しかし過去の航空機事故の統計によると、

副操縦士が操縦桿を握っている時よりも、

機長が操縦桿を握っている時の方が

はるかに事故が起こりやすいことがわかっています。

これはいったいどういうことでしょうか?

副操縦士が操縦桿を握っている場合、

上役である機長は副操縦士の判断や行動に対して

異議を唱えることは自然にできます。

しかし逆の場合、

副操縦士は機長に反対意見を言えるでしょうか?

なんらかの心理的抵抗を感じるでしょう。

これが「機長が操縦桿を握っている時の方が、

事故が起こりやすい」という統計結果に出ていると

考えられています。

上役に向かって反論する際に

部下が感じる心理的な抵抗度合いは、

民族によって差があります。

先進7カ国でおこなわれた調査では、

日本はフランスに次いで高い値になっています。

フランス :68

日本   :54

イタリア :50

アメリカ :39

カナダ  :39

旧西ドイツ:35

イギリス :35

アメリカで開発された目標管理制度のような仕組みは、

部下と上司が対等の立場で交渉の場を持てることを

前提にして開発された技法であり、

権力格差の大きな文化圏では機能しにくいことは

想像に難しくありません。

権力格差の大きさは、

2つの問題を引き起こします。

1)コンプライアンス

 組織の中で権力を持つ人が

 道義的に誤った意思決定をしようとしている時、

 部下が「それはおかしいでしょう」と声を上げにくい。

2)イノベーション

 パラダイムシフトを起こす人物の特徴として、

 ・非常に年齢が若い

 ・その領域に入って日が浅い

 という特徴があるが、

 この特徴は組織において権力が弱いことを示しており、

 その意見を圧殺されやすい。

この2つを踏まえると中小企業のリーダーは、

「不満があれば聞く」という消極的態度ではなく、

「より積極的に自分に対する反対意見を探して求める」

という態度が必要なのではないでしょうか。

ゆるビジ☆実践会のある社長さんが言っていました。

「社員の条件は僕に優しいこと」

あはは、なんだかとっても可愛いですよね。(笑

優秀な社員さんに、

普段から突っ込まれまくっている

社内のいい雰囲気が想像できます。^^

【質問】権力格差に、気づいていますか?

上からは、見えないようにできています。

この記事を共有する

コメントは締め切りました