ホーム / メールマガジン /

最初は安く、徐々に値上げ

最初は安く、徐々に値上げ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

まったくの新商品を発売しようとするときに、

値付けをいくらにするか悩みますよね。

できれば高く売りたい、

でもどこまでニーズがあるかわからない、

うむむむむ。。

そんな時は、

考えられる最も好条件で発売します。

つまりは「より良いサービスをより安く」です。^^

なぜならば、

「高めの値付け、簡素なサービス」で売り出してみて、

望む通りに売れない場合、

どこに問題点があるのかわかりません。

例えば駆け出しのコンサルタントが、

月額30万円の顧問料で売りだしたとします。

まあ当然、誰も買いません。(笑

でも3万円で売り出してみて、

それでも売れないとしたら、

そもそも値段以前の問題だとわかります。

まあ「安すぎて怪しい・・・」

と思われないように、

注意する必要がありますが。^^;

「公開できる実績がないから」とか、

「お客様の声を広く集めるため」といった

安さの理由はきちんと伝えておきたいですね。

このことを伝えると、

「3万円で売れ過ぎたらどうすればいいんですか?」

と聞いてくる人がたまにいます。

売れたら順次値上げをしてゆけばいいだけですよね。

意地悪に答えるなら「それだけ売れてみてから考えましょ」

ってのが本音です。(笑

「売れ過ぎたらどうすればいいか」を聞いてくる人は、

商品への自信とか資金繰りとか家庭の事情とか

何かの理由があって、

実は売りたくないと思っている可能性があります。

そこの部分を自分でしっかり向き合わないから、

儲けたいのと売りたくないのとの狭間で、

微妙〜に高い値付けをしてしまう。^^;

んー?

なんだか意地悪モードなので、

余計なことを書かないように、

これくらいにしておきます。(笑

【質問】その新商品、いくらで発売しますか?

「最初は安く、徐々に値上げ」なのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました