ホーム / メールマガジン /

最悪の状況で最悪の判断

最悪の状況で最悪の判断

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

漠然とした不安があってなかなか行動を起こせない時、

考えられる最悪の状況を想定してみます。

売上が急減してしまったら・・・?

社員が急に辞めてしまったら・・・?

資金繰りが行き詰まったら・・・?

「なんだ、自分にとってこれが最悪なのか。命までは取られることはないんだな」

と、最悪の状況であっても、実はそれほど大したことはないと気が付くはずです。

ところが人間は、最悪の状況では最悪の判断をしてしまう可能性があります。

そこで、最悪の状況で最悪の判断をしないように、

最悪の状況でするべき判断をあらかじめ決めておきます。

例えば、資金繰りに詰まるという最悪の状況で、

闇金から借りるという最悪の判断をしない、とか、

稼ぎ頭の社員が急に辞めると言ってきても、絶対に激高しないとか。

また反対に、ある究極の状況では、自ら十字架を背負う覚悟をしておく必要も

あるかもしれません。

最悪の状況でも、最高の判断ができるなら、恐れることはないのです。

【質問】あなたにとって、最悪の状況はどんな状況ですか?

起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半。

うーん、これはちょっと違いますね。。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました