ホーム / メールマガジン /

期限ではなく行動を開始する日を決める

期限ではなく行動を開始する日を決める

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

クライアントさんの会議に同席させてもらうと、

上司「いつまでにやるんだ?」

部下「今月中に・・・」

というやりとりがよく出てきます。

そして翌月の会議では、

また同じ会話が繰り返されます。

多くの中小企業では身に覚えがあることでしょう。^^;

「今月中に・・・」と答える部下の心境は、

「今月中ということにしておけば余裕があるな」

という感じではないでしょうか。

こういう場合、

期限ではなく行動を開始する日を

決めさせるようにします。

行動を開始する日を決めさせるとスケジュール表を見ながら、

「今週は●●の案件で埋まっていて、

 来週月火は××だから、来週水曜の午前にやります」

というように具体的な計画に落とし込まざるを得なくなります。

さらに言えば、

売上を上げるとか新規顧客を開拓するとか、

部下にとって大きすぎるテーマだとやはり進みません。

そういう場合は、

「来週水曜の午後一に、顧客のターゲットリストを提出してくれ」

というように行動と期限を明確に指示します。

そして「誰が」「いつまでに」「何をする」を、

ホワイトボードかプロジェクターで皆に見えるように書き込みながら、

議事を進行します。

もしこれでも実行ができないようなら、

そのテーマだとまだ、

部下にとって大きすぎる可能性があります。

「来週、水曜の午前10時から、

 ターゲットリスト選定の打ち合わせをするから、

 前日の夕方に声をかけること」

というように実行可能なレベルにまで、

どこまでもすりおろします。

結局のところ、

「部下が行動できない、成功できないのは上司の責任」

と思って、無理やり実行、成功させちゃいましょう。^^

【質問】社内の実行力は、いかほどですか?

社員を人生の勝者にするのが、社長の責任です。

この記事を共有する

コメントは締め切りました