ホーム / メールマガジン /

本音と建前を使い分ける?

本音と建前を使い分ける?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

ネットを見ていたらこんなニュースがありました。

ある女性医師が、

大阪の総合医療センターで年末に内定し、

4月から勤務予定

   ↓

2月に「妊娠したから産休・育休に入る」と連絡、

一度も勤務なし

   ↓

医療センターの部長から、

「病院に全く貢献なく、

 産休・育休というのは周りのモチベーションを落とすので、

 非常勤で働くのはどうでしょうか」とメール

   ↓

マタハラで厳重注意

おおっと。。

これはいろいろと思うところがありますね。。^^;

妊娠自体は喜ばしいことですし、

計画的にいかないことも多いでしょう。

医療センターの立場としても、

その先生を人員計画に入れて動いているわけで、

困ってしまうのもわかります。

でも「周りのモチベーションを落とすので」というのは、

いかにも本音を出しすぎです。^^;

今の時代、

「本音と建前を使い分ける」なんて発想は

通用しません。

むしろ本音と建前をしっかり一致させること。

建前というのはルールのことで、

会社で言えば就業規則です。

こちらの医療センターの場合、

自分たちで定めた「育児・介護休業規程」で、

一度も勤務のない労働者も産休・育休の対象になっていたのでしょう。

女性医師はルールに則り産休・育休を申請しただけであり、

「周りのモチベーションを落とす」とか言われても

知らんがなって話です。

医療センターが組織として、

「就業前に産休・育休に入られるのは困る」というのであれば、

「育児・介護休業規程」にそう定めるべきです。

そうすれば本音も建前も使い分ける必要がなく、

就業規則に従って淡々と判断すればいいだけです。

本音と建前、清濁併せ吞む、忖度・・・。

日本的社会にはこういった感覚が根強く残っています。

でも我々中小企業経営者は、

社内においては多くのルールを決めることができる立場です。

だからこそ社長の本音通りのルールを作った上で、

しっかりルール通りに運用する。

それでも清濁合わせ飲みたくなった時には、

その理由をきちんと説明した上で、

必要ならばルール自体を洗練させてゆくこと。

そうした積み重ねが、

社長にとってストレスのない会社を作るのです。^^

【質問】建前(就業規則)は社長の本音と、一致していますか?

こちらの就業規則なら、入社1年未満は産休・育休対象外です。^^

https://就業規則雛形.com/

この記事を共有する

コメントは締め切りました