ホーム / メールマガジン /

東京五輪エンブレム問題解決法

東京五輪エンブレム問題解決法

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

東京五輪エンブレム問題、

グダグダしていますねぇ。。

デザイン盗用だけでなく各種利権も透けて見えてきて、

どうしようもない感じです。

そこで一つ解決策を提案します。(笑

サウスウェスト航空にハーバート・ケレハーさんという

名物社長がいました。

1992年、サウスウェスト航空の出したキャッチコピー(商標)が、

ライバル(?)のスティーブンス航空が出していたキャッチコピーと

ほとんど同じだということが発覚したそうです。

裁判大国のアメリカですから普通なら即裁判になりますが、

スティーブンス航空のカート・ハワールド会長は

サウスウェスト航空のケレハー社長に、なんと、

「キャッチコピーを賭けて腕相撲で勝負しましょうや」ニヤリ

という挑戦状を叩きつけました。(笑

試合は3本勝負でキャッチコピーを賭けるだけでなく、

1試合ごとに5千ドルを慈善団体に寄付するという前代未聞の勝負です。

その噂は一瞬にして全米に広がり、

ポパイのほうれん草やメキシコ産のステロイド、

ジョージ・ブッシュ大統領からも「微笑ましい」という内容の手紙など、

様々な激励が届いたそうです。(笑

実際に腕相撲の3本勝負はおこなわれ、

腕相撲チャンプや自社の女性社員など助っ人を使ったりしながら、

結果としてはハワールド会長の勝利となりました。^^

しかし勝負を受けたケレハー社長の勇気を称え、

キャッチコピーの使用は不問とすることに

決定したそうです。(笑

なんだかユーモアと爽やかさに溢れていますね。^^

東京五輪エンブレム問題も腕相撲で解決できるかわかりませんが、

せめて後味の良いものにしてもらいたいと思います。

【質問】トラブルの時も、ユーモアと爽やかさはありますか? ^^

腕相撲だって、解決策の一つです。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました