ホーム / メールマガジン /

歩む者のない道

歩む者のない道

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

今日はアメリカの詩人、

ロバート・フロストさんの詩を

ご紹介します。^^

*******************

黄色い森の中で道が二つに分かれていた

残念だが両方の道を進むわけにはいかない

一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ

一方の道の先を見透かそうとした

その先は折れ、草むらの中に消えている

それから、もう一方の道を歩み始めた

一見同じようだがこちらの方がよさそうだ

なぜならこちらは草ぼうぼうで

誰かが通るのを待っていたから

本当は二つとも同じようなものだったけれど

あの朝、二つの道は同じように見えた

枯葉の上には足跡一つ見えなかった

あっちの道はまたの機会にしよう!

でも、道が先へ先へとつながることを知る私は

再び同じ道に戻ってくることはないだろうと思っていた

いま深いためいきとともに私はこれを告げる

ずっとずっと昔

森の中で道が二つに分かれていた。そして私は…

そして私は人があまり通っていない道を選んだ

そのためにどんなに大きな違いができたことか

(ロバート・フロスト,1916)

*******************

経営者は、

当たり前で普通のことをしていては生き残れません。

道無き道を自分で切り開くから、経営者なのです。^^

【質問】人の歩いた道を歩きますか? それとも自分で、切り拓きますか?

人の行く 裏に道あり 花の山。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました