ホーム / メールマガジン /

海外法人を作って節税する方法?

海外法人を作って節税する方法?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
世の中にはいろいろな、

怪しい節税法があります。(笑



よく聞くのが、

税金がないor安い海外で法人を作って、

そっちで売上を立てれば、

税金がかからないとか。



これどう思いますか?



半分正解で、

半分不正解です。



海外で法人を作って、

そちらで事業活動をして売上を上げたら、

たしかに日本で税金はかからないでしょう。

なんのことはない、当たり前です。(笑



問題なのは、

本当は日本で事業活動をしているのに、

売上を海外の口座を通しているから、

税金がかからないと思い込んでいる人、

さらにはそういうブローカーがいることです。



「形式と実態」という言葉があります。

上記の例では形式だけは整えていたとしても、

実態が伴っていません。



旅費規程の話を聞いた経営者から、

「出張に行ったことにすればいいんですね!」

と言われたことがありますが違います。^^;

出張に行くんです。(笑



「仕事をしたことにすればいいんですね!」

違います。

仕事をするんです。(笑



つまりあらかじめ形式を整えた上で、

実態もそれに合わせて作り上げること。



日本の税務当局はめちゃくちゃ優秀です。

優秀な上に税金を正しく徴収することに対して、

朝から晩まで真剣に取り組んでいます。

経営者の小細工が通用する相手ではありません。(笑



だからこそ書類として型式を整え、

その上で実態(とその証拠)がしっかりとあれば、

たいていのことは正しく認めてもらえるはずです。



反対に実態だけあっても、

形式が整ってないとダメですからね。

なにせお役所ですから。(笑



あと節税だけを目的にした行為もダメです。

あくまで事業運営の一つとしておこなった行為が、

結果として節税になったというのであればいいのですが、

「旅費規程の導入目的は節税です」

とか言ってしまうとアウトです。(笑



「形式と実態」という言葉を覚えておけば、

ひとまず怪しげな節税法にひっかかることは

ないかと思います。^^



【質問】形式と実態、共にそろっていますか?



〜したことにする、ではダメです。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました