ホーム / メールマガジン /

火災保険活用マニュアルの費用対効果は?

火災保険活用マニュアルの費用対効果は?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
田島が販売している各種マニュアル類は、

費用対効果が高いことで定評があります。^^



旅費規程活用マニュアルは約10万円ですが、

年間で400万円以上経費計上できたなんて話は

ザラに聞きます。



住宅規程活用マニュアルも約10万円ですが、

家賃30万円の物件に5万円くらいで住めば、

年間300万円の経費計上です。



役員賞与活用マニュアルは約13万円ですが、

社会保険料を年間150万円削減した上、

60歳以上なら年金も復活します。^^



しかもこれらのすごいのは、

毎年毎年、仕組みが変わるまでずーっと、

効果を生んでくれることです。^^



たった10万円程度の投資で、

年間数百万円、

10年続けば数千万円の効果です。



これに対して

火災保険活用マニュアルの費用対効果は、、

ぶっちゃけ低いかも。(笑



というのも、

事故が起きない限りは保険金請求をしようがないので、

計測不能というのが正しいでしょうか。



でもこのマニュアルを買おうが買うまいが、

ほとんどの人は火災保険を契約し、

保険料を支払っているはずです。



でも正しい知識がなければ、

本当は保険金がもらえるはずの事故が起きても、

何も知らずに悔しい思いをしているだけなのです。



あとは保険料を支払っているのに、

本当に必要な補償が入っていないケース。

これは大きな災害が起きた時には

人生の明暗が分かれたりします。



こう考えると火災保険活用マニュアルは、

保険という性質上、

費用対効果では考えにくいですね。



そうそう、ある社長さんから、

定価300万円のソファーを

メルカリで50万円で買ったのだけれど、

もしそのソファーを汚してしまって修理不能な場合、

どうなるのか聞かれました。



税務調査のネタでも同じことを書いていますが、

形式と実態が重要です。



ここでいう形式というのは契約内容、

書類等に不備がないか。

実態というのはわざとやったのではなく、

不測の事故であるかということですね。



で、形式と実態に問題がなければ、

新価(再調達価格)と言いますが、

新品を市場で再度購入するための金額が出ます。



このソファーは安売りしているような

代物ではないようなので保険金は300万円ですね。

しかもここに諸費用として10〜30%が上乗せされます。



ということは50万円で買ったのに、

最高で390万円が補償されるなんて

不思議なことに?!



もちろん詐欺的行為は問題外ですが、

これが火災保険の実際の運用なのです

知っている人だけが得をして、

知らない人は知らないまま。。



ぜひあなたにも、

火災保険を人生の味方に

つけてほしいと思います。^^



【質問】費用対効果は、取れそうですか?



自宅に高額品がある人ほど、ありがたいです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました