ホーム / メールマガジン /

無策は罰金

無策は罰金

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

着々と増税の足音が聞こえてきますね。

自民税調本格論議 年収1000万円超増税軸 新税創設焦点、使い道課題
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000085-san-bus_all

子育て世帯、高収入でも増税せず 政権方針に沿い調整
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000011-asahi-pol

日本の人口動態が変化し、

国にお金がないのだから仕方がないかもしれません。

でも今のところ私にはあまり関係のない話です。

1000万、2000万稼ぐエリートサラリーマンは大変ですが、

我々経営者とサラリーマンのお金の流れは違います。

サラリーマン:稼ぐ → 税金・社会保険料を払う → 使う

経 営 者 :稼ぐ → 使う → 税金・社会保険料を払う

税金・社会保険料は50%として考えると、

サラリーマンは稼いだ額の半分しか使うことができません。

でも経営者は使った後に税金・社会保険料を払えば良いのです。

経営者の経費の使い方というと、

仕事に関する飲食費を経費精算するために

領収書を必死で集めているイメージがあります。

でも旅費規程や住宅規程を整備してしまえば、

領収書のいらないお金を毎月計上することができるようになります。

こんなイメージ。

サラリーマン:稼ぐ100 — 税金・社会保険料50 = 使う50

経 営 者1:稼ぐ100 — 使う50 — 税金・社会保険料25 = 貯蓄25

さらにこの方法を取り入れると、

「稼ぐ」の部分を小さくすることができるんですね。

こんなイメージ。

経 営 者2:稼ぐ80 — 使う50 — 税金・社会保険料15= 貯蓄35(実質)

同じ100の稼ぎだとしても、

サラリーマンとお金に賢く立ち回る経営者2ならば、

残せるお金に35%もの違いが出てきます。

この差がこれからさらに拡大されるよ、

というのが冒頭のニュース。

無策というのは恐ろしいものです。

せっかく私がこんなにいいマニュアルを売っているのですから、

多くの中小企業社長に知ってもらいたいと思います。(笑

    ↓

http://旅費規程.com/
http://住宅規程.com/

社員さんを抱えている社長さんはこちらもいいと思います。^^

    ↓

http://人件費削減.com/

【質問】増税、平気ですか?

高い年収を取るのも、考えものですねぇ。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました