ホーム / メールマガジン /

焦燥感と感謝

焦燥感と感謝

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

今のままではダメだ、

という焦燥感の強い人がいます。

向上心の表れと取ることもできますが、

焦りが強すぎてしまうとお客さんの顔がお金に見えてきて、

与える相手ではなく奪う相手になってしまいます。

お客さんの立場からしたら、

自分から奪ってやろうと思っている人とは

取引できませんよね。

取り扱っている商品の範囲だけではなく、

人間関係も含めたすべての資源の中で、

どのように貢献できるのか考えることができる人が

よく売れる人です。^^

相手に与えていれば必ず返ってくるという

相手と世の中に対する信頼感が持てるかどうか。

そして相手がお返ししようと思っても、

返せるだけの根拠がなければいけないので、

相手がお金を払いやすいビジネスモデルを用意すること。

さらに言えば、

焦燥感の強い人に共通しているのが、

感謝が足りないということです。

例えば独立したいけどなかなかできずに焦っている人の場合、

いま勤めている会社に感謝しているでしょうか?

もっと売上を上げたいけど伸び悩んでいる人の場合、

いま買ってくれているお客さんに感謝しているでしょうか?

さらにさらに直接的な取引相手だけではなく、

自分をとりまく社会とか自然とか空気とか、

自分を生かしていてくれることに感謝すること。

そうすれば相手のためにもっと頑張ろうと思いますし、

その結果は必ず返ってきます。

「いやいや、返ってこねーし」という人は、

損得までの距離が近すぎです。

自分が生きているうちに返ってこなくても、

子供たちのその先の世代の幸せにつながるのなら

「まあいっか」と思えればなんとも気楽です。(笑

そんな心境になった上でビジネスモデルを構築するから

お客さんにも安心してもらえて、

幸せに儲けることができるのです。^^

【質問】きちんと感謝、できていますか?

実は感謝も、テクニックです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました