ホーム / メールマガジン /

独立起業におけるただ一つの失敗

独立起業におけるただ一つの失敗

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

キャンペーン中の独立起業マニュアルですが、

最後の部分で私が熱く語っている内容を

ご紹介させていただきます。^^

独立起業におけるただ一つの失敗とは何か。

まず先に、成功は人それぞれです。

お客さんに思いっきり喜んでもらう仕事をすること、

自分のペースで仕事をすること、

会社を上場させること、などなど、

自分の望む成功を自由に描けばよいでしょう。

でも失敗はただ一つです。

独立したけど思うように売上を上げられなくて

またサラリーマンに戻ってしまった、

会社を潰してしまった、乗っ取られてしまった。^^;

など、まあいろいろありますが、

私はそれを失敗だとは思っていません。

ナイスチャレンジ、どれもいい経験です。^^

では、何がただ一つの失敗なのかというと、

「独立しようかな、したいな、どうしようかな」

と悩んでいるうちに人生が尽きてしまうこと。

私は311のあった3月の月末に脱サラしました。

テレビから流れる数々の強烈な映像を見て、

自分の人生がいつどの瞬間に終わるかわからないと知りました。

そしてもし「独立しようかな、どうしようかな」と、

足踏みしている状態の時に死んでしまったら、

間違いなく私の人生は失敗です。

でも、いわゆる成功をするかどうかわからなくても、

自分がやりたいことに一歩足を踏み出してさえいれば、

もしその状態で死んでしまったとしても、

それは成功者の気持ちで死ぬことができるかなと。

生死は自然現象で基本的にコントロール不能なことです。

だからこそいつ命の終わりが来ても後悔がないように、

最初の一歩を踏み出すのです。

※会社を辞めちまえ!と言っているわけではありません。(笑

 辞めなくても踏み出せる最初の一歩はたくさんあるよ、

 という趣旨のマニュアルですので。^^;

そうすれば、その瞬間から、

「すでに自分は成功者」

と胸を張っていられるのではないでしょうか。

【質問】成功者としての一歩を、踏み出していますか?

成功者かどうかは、自分が決めるのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました