ホーム / メールマガジン /

甥っ子が4億円の資本家になる日

甥っ子が4億円の資本家になる日

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

田島の甥っ子(二十歳)に、

FX投資を教えています。

アルバイトはしているのですが、

いわゆる大学生らしくお金がないため、

成人式のお祝いに投資用の資金として

10万円を渡しました。

ううーん、

なんていい叔父さんなんでしょう。(笑

基本的なところを教えて、

今はタイミングを待っているところです。

今回の10万円を元手に投資し、

さらに毎月1万円を自分で

組み入れていくことになりました。

(本当にやるかはわかりませんが・笑)

そうすると複利の力で、

20年後には4億円になっている計算です。(笑

ザ・取らぬ狸の皮算用。^^;

結果がどうなるかわかりませんが、

とりあえず投資(投機ではなく)に

目が向いた(向かせた?笑)のは、

いいことだと思います。^^

だって彼が就職して、

給料の額面が20万円だったとして、

社会保険料が会社と自分でそれぞれ3万円。

そこから所得税と住民税が引かれたら、

手取りは15万円くらいです。

田島の実家は田舎なので車が不可欠ですが、

車を持てば自動車重量税と自動車税。

ガソリンを入れればガソリン税。

ちなみにガソリン税は税金に消費税がかかるという、

謎の二重課税システム。^^;

もし彼が家を出て、

自分で5〜6万円の家賃を払ったら、

かなり苦しい生活だと思います。

2025年には全企業で、

65歳までの継続雇用が義務付けられており、

若い彼らの昇給は期待できそうにありません。

今の日本は(いちおう)資本主義社会です。

資本主義社会には資本家と労働者がいるのですが、

そもそも資本家のためという主義の社会なので、

労働者が報われにくいのは当然です。

(それがイヤなら革命)

でも投資をするということは、

一部であっても資本家になるということです。

(株式投資はわかりやすく株主=資本家ですね)

まずは労働者として働くにしても、

資本家的発想を持って働くことも大切かなぁと。

二十歳の彼がどう生きるか楽しみです。^^

【質問】資本主義社会を、どっちで生きますか?

ま、どっちでもいいんですけどね。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました