ホーム / メールマガジン /

田島、玄関マットメーカーの営業マンになる

田島、玄関マットメーカーの営業マンになる

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

たとえば私が、

ある玄関マットメーカーの

営業マンだったとします。

そうしたら来る日も来る日も、

目につく会社、店、家に飛び込んで、

自社の玄関マットがいかに素晴らしいかを

プレゼンして回ったりは、きっとしません。^^;

欲しがっていない、

私のことになんの興味も持っていない相手に売ろうとするのは

迷惑以外のなにものでもないからです。

でも優秀な営業マンの私としては、(笑

玄関マットを売ってこなければいけません。

それじゃあどうすればいいでしょうか?

まあホームセンターなどの量販店に営業に行くのが、

入り込むのは大変だけど一度入り込んでしまえば、

継続して一番量が出るでしょうね。

いわゆる普通の営業です。

次に欲しがっている人を探す方法です。

玄関マットがないことで室内が汚れている相手を探すわけですが、

まあ、見つけにくそうですね。^^;

見つけたところでそういう人からは、

「余計なお世話!」と言われそうです。^^;

最後は玄関マットではなくて、

私のことに興味を持ってもらう方法です。

そのためにはなんでもいいので相手の役に立ちます。

例えばパソコンで困っていることを教えてあげるとか、

人を紹介してあげるとか、いい花粉症の薬を教えてあげるとか、(笑

自分を玄関マットの人から離れて、なんなら仕事からも離れて、

とにかく相手の役に立てることを探します。

そうすれば相手は、

「そう言えば田島さんて、なんの仕事をしてるんだっけ?」

と聞いてきます。

その時にようやく「玄関マットを売っています」(ニッコリ

と答えれば売れるわけです。^^

そしてさらに「だったら誰々さんも紹介するよ」と続いてゆきます。

売れない営業さんを見ていると、

商品だけで勝負しようとして、

品揃えで負けたとか価格で負けたとか、

そんな話しばかりしています。

でも自分を売ることから始めれば、

異業種交流会なんかに顔を出せば出すほど、

どんどん売れるようになるわけです。

会社として商品力を磨くのはもちろんですが、

営業マンの人間力を磨くことも大切ですね。^^

【質問】商品だけで、勝負をしていませんか?

こんな話しを、クライアントの新入社員さんにしてこようと思います。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました