ホーム / メールマガジン /

目標を達成する目的

目標を達成する目的

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

新年を迎えるにあたり、多くの方が目標を立てたことと思います。

達成可能な目標の立て方に『SMARTの法則』というものがあります。

【SMARTの法則】

 S=Specific(具体的)

 M=Measurable(計測可能)

 A=Achievable(達成可能)

 R=Relevant(適切)

 T=Time-bound(期限)

例えば「営業利益1億円」という目標を立てたとします。

S:Specific(具体的)であるためには、どの事業、どの顧客から、

  どれだけ利益率でどれだけの売上をどうやって得るか、

  ということを明確にする必要があります。

M:M=Measurable(計測可能)というのは、失敗はできるだけ早く、

  小さく、はっきりとわかるようにすること。

  月次決算、週次決算、日次決算、早く正しくスピード経営を実践です。

A:A=Achievable(達成可能)な目標でなければ全力を尽くすことはできません。

  目標達成に対する負け癖を付けないように、着実に達成してゆきましょう。

R:R=Relevant(適切)な目標であるかどうか。

  本当はマネジメントを強化するべき時期なのに、

  売上アップの目標は実は適切でないかもしれません。

T:T=Time-bound(期限)を決めること。

  いつかは来ることはありません。

  いつなのか、明確な日時を決めましょう。

しかし目標はあくまで目標です。

私の提唱するミッションピラミッドではこうなっています。

ミッション(目的)> ビジョン(目標)> 戦 略 > 組 織 > 戦 術

ビジョン(目標)の上にミッション(目的)があります。

目標を達成する目的はなにか?

頑張って頑張って、営業利益が1億円になったところで、

それだけではそこに何もありません。

次の目標が3億円、5億円、10億円になるだけの話です。

あなたはそもそも何のために頑張っているのか?

その答えがミッションです。

【質問】何のために目標を立て、挑戦しているのですか?

目標と目的の関係を、確認しましょう。

この記事を共有する

コメントは締め切りました