ホーム / メールマガジン /

相手の人間そのものを見る

相手の人間そのものを見る

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

見る目があるかどうかは別として、

私は人を見るのがわりと得意です。^^

どういうことかと言うと、

人の職業や肩書き、収入に

ほぼほぼ左右されません。

勤めていたころも、

北の将軍様なみの大社長と掃除のおばちゃんで、

話すトーンが変わりませんでした。

それもどうかという話ですが。。^^;

だから相手がどういう考えで、

何を言っているのかをよく見て

よく聞いていました。

そこで次の2つの考え方です。

1.誰が言うかより何を言うか

  組織のポジション的に発言権が小さな人でも、

  いい考えでいいことを言うのなら

  きちんと取り上げる。

2.何を言うかより誰が言うか

  どんなにいいことを言っていても、

  そもそも考えがよろしくない人は

  ポジションが高いとしても取り上げるに値しない。

重要なのは自分の思い込みではなく、

相手の人間そのもの、

つまりは考え方を見ることです。

ある心理学の実験によると、

大統領になる人から見える身長に歪みが生じ、

数センチ高く見えるとのこと。

漫画のキングダムでも

王騎将軍とか呂不韋とか人物が大きいと、

急に大きく描写されますもんね。(笑

実際に人物が大きいのならそれでもいいですが、

肩書きそのものには惑わされないようにしましょう。

【質問】相手の人間そのものを、見ていますか?

フラットな心で、見るのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました