ホーム / メールマガジン /

短期の仕事と長期の仕事

短期の仕事と長期の仕事

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

仕事には短期の仕事と長期の仕事があります。

そして1人の人が短期の仕事と長期の仕事を同時にやろうとすると

頭の切り替えが効かず極端に効率が低下します。

例えば、セールス(販売)は短期の仕事、

マーケティング(集客)は長期の仕事です。

つまり営業さんに「お客さんを見つけて売ってこい」

というのは望ましくありません。

例えば、経理と財務。

日々の経理をこなしながら、

長期的な財務戦略を考えるのはかなり難しいでしょう。

また短期と長期がぶつかった場合、

短期は目の前に現場があり、

長期は概念しかないのですから、

必ず短期が勝ちます。

開発と生産、設計と施工がぶつかった場合は、

生産と施工が優先されます。

すると組織はどんどん現実的な落とし所に

落ちてゆきます。

だからこそ、社長が意識的に、

企画、開発、採用、教育、財務といった長期の仕事に

力を与えなくてはなりません。

これら長期の仕事は今日やらなくても困りません。

でも1年、3年、5年、10年というスパンで見ると

会社にもっとも影響を与える重要な仕事なのです。

【質問】その仕事は短期の仕事ですか? それとも長期の仕事ですか?

長期の仕事に、力を与えましょう。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました