ホーム / メールマガジン /

砂漠のオアシスの管理人

砂漠のオアシスの管理人

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私は砂漠のオアシスの管理人です。

砂漠を旅している人たちに、

水と休息を与えるのが仕事です。

でも旅人達は足下を確かめながら歩くので、

オアシスのすぐ側を歩いていても、

なかなか気がついてくれません。

だから私は、

「ここにオアシスがあるよー!」

と大きな声で旅人に呼びかけ続けます。

なんのこっちゃ?という話しですね。^^;

先週の今井さんのウェブセミナーのパクりです。(笑

先週の火曜日から、

これまでに、「旅費規程活用マニュアル」または

「手取アップ&人件費削減マニュアル」を購入いただいた方に、

「旅費規程追加レポート<税務調査編>」という新作レポートの案内を

送らせていただいていました。

火曜、木曜、土曜と3回に渡って

ほぼ同じ内容の案内を送らせていただいたのですが、

1回目はもちろんのこと、2回目、3回目の配信後も

それぞれ多くの方にご購入いただきました。

(既に買っていただいた方への送信はストップしました)

私は砂漠のオアシスの管理人です。

オアシスの存在に気づかずに歩いている人には、

私が勝手に諦めたりすることなく、

何度でも声をかけようと思っています。

もちろん、「いらないよ」という人は【配信ストップボタン】を

押してもらえばそれでストップしますが、

ほとんどの人が、タイミング的に目にしていないか、

目にしていても意識の中に入っていないのです。

だから、買って欲しい商品の案内は何回でも送ります。

なかなか売上が上がらないという会社は自己判断で、

「1回だけメールを送って、買ってくれないからハイお終い」

ということをやっていないでしょうか?

自分ががめついと思われることを恐れて、

本当に必要な人に伝わっていない可能性はありませんか?

自分がどう思われるかよりも、いかに相手のためになるかです。

あなたも砂漠のオアシスの管理人です。

旅人にちゃんと声をかけて、水と休息を与えるのが仕事です。

「聞こえなかったみたいだからいいや」と諦めて眺めていたら、

旅人がバタン!と倒れてしまったら仕事をしてないことになりますよね?

来てくれた旅人に、

水と休息を与えることだけが仕事ではありません。

旅人が来てくれるまで、声をかけ続けることも仕事なのです。

【質問】あなたが勝手に諦めることで、お客さんを突き放してしまっていませんか?

今井さんの教材を聞くと、オアシスの立派な管理人になることができます。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました