ホーム / メールマガジン /

社長と社員は100倍違う?

社長と社員は100倍違う?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

中小企業の支援をしていてよく思うのが、

「社長と社員は100倍違う」

ということです。

社長は私が10を話すと100のことを受け取ってくれます。

それは私が特に深いことを言っているということではなく、^^;

勝手に多くのことを見つけ出してくれるからです。

だから社長との会話の量はあまり多くないかもしれません。

それはそれでいけないとは思いますが。^^;

でも社員の方の場合には私が10を話すと1の理解になります。

それは頭が悪いとかそういう話しではなく、

それだけ組織内のしがらみや囚われが多いのです。

そういったしがらみや囚われを一つ一つ解いてあげないと、

理解できないし、したくない。

結果として動き出すことができません。

ある営業さんがこんなことを言いました。

「上司から重要得意先に毎日顔を出すように言われているから、

 新規開拓をする時間が取れずに予算達成が難しい」

んんんー???

これに対して「バッカもーん!」

で終わらしたらダメですよ?^^;

私だったら基本的な考え方から他社の事例まで、

5分から10分かけて説明します。

それでもし別の日にまた同じ話しになったとしても、

「前にも言いましたよね?」とは言わずに、

何食わぬ顔で同じ話しを何度でもします。

同じ話しを3回か4回続ければ、

「田島先生、わかりました、もう大丈夫です」

と途中で遮ってくれます。(笑

理解して腑に落ちるのには、

それだけ手間と時間がかかります。

だから自分の感情とは切り離して、

何度でも根気よく伝えること。

お年寄りは何度も同じ話しをしますが、

いちいち「さっきも話したよ」とは指摘しませんよね。

「あーそうなんだねー」と言ってあげていればいいのと同じ感覚です。

ん、違うかな・・・?^^;

なんだかよくわからなくなりましたが、

社長が社員に伝える「量」が少なすぎる、

というお話しでした。^^;

【質問】社員に伝える「量」は足りていますか?

多くの社長が社員のことを、大人扱いしすぎていると思うのです。(本音

この記事を共有する

コメントは締め切りました