ホーム / メールマガジン /

社長のタイプとその攻略法 続き

社長のタイプとその攻略法 続き

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

社長のタイプとその攻略法、

昨日の続きです。

4)クール社長

 スマートな行動派。

 淀みなく話すが本音でないように見られがち。

 木村拓哉さんのイメージ。

 クール社長の潜在的な恐怖は、

 あるがままの自分には価値がないと感じているため、

 人から必要とされなくなること。

 だから人からすごいと思われるために

 徹底して成功を追求するが、

 スマートさを演じる。

 憧れられるのが好きだが、

 努力を褒められるのは嫌い。

5)ワクワク社長

 大げさで楽天的。

 熱しやすく冷めやすい。

 明石家さんまさんのイメージ。

 ワクワク社長の潜在的な恐怖は、

 自分の人生が満たされないかもしれないということ。

 だから次々とワクワクすることに飛びついてしまう。

 自分を調子に乗せてくれる人が好きで、

 盛り上がりに水を差す人は嫌い。

6)バランス社長

 これまで5つのタイプをバランスよく兼ね備えている。

 日本人で一番多い。

 織田裕二さんのイメージ。

 バランス社長の潜在的な恐怖は、

 自力では生存できないのではないかということ。

 だから自分の気持ちよりも

 周りから期待される自分を優先してしまう。

 常に周囲に対して安心と信頼を求める。

 不安にさせられることが何よりも嫌い。

昨日から紹介してきた6つのタイプのネタ元は

こちらの本です。^^

         ↓

■相手を完全に信じ込ませる禁断の心理話術 エニアプロファイル
 http://yurui-business.com/qibe/

まとめますと、

それぞれのタイプが自分では気づいていない、

潜在的な恐怖は次の通り。

・傷つけられること(ガハハ社長)

・あるがままの自分では愛されないこと(ニコニコ社長)

・自分が無力で無能になってしまうこと(インテリ社長)

・自分に価値がなくなり必要とされなくなってしまうこと(クール社長)

・自分の人生が満たされないこと(ワクワク社長)

・周りから見捨てられ生存できないこと(バランス社長)

いかに人間が、

他人からどう思われるかで生きている関係性の生き物で、

寂しがりで甘えん坊かがわかります。^^

相手が自分のことをどう思うかは相手の課題であり、

自分が感知するところではありません。

自分は相手のために貢献できると思うことをするだけで

幸せ感を得ることができます。

この辺りに興味のある方は、

アドラー心理学が面白いかもしれません。^^

■嫌われる勇気
 http://yurui-business.com/kirawareruyuuki

■幸せになる勇気
 http://yurui-business.com/skcs

【質問】目を向けたくない本当の恐怖は、なんですか?

ううーん、うまくまとまりませんでした。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました