社長失格

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由  (著)板倉 雄一郎
http://03auto.biz/clk/archives/tmcdek.html

刺激的なタイトルですが、マネジメントとは何かを実例から学べる良書です。

著者の板倉さんがされていたことを極端にいうとこんな感じです。

1.頭の良さとセンスに任せたアイデアの事業化が1%

2.資金調達と銀行対応が99%

3.経営は0%

世間では1と2のことを経営とよんでいます。

ピーター・ドラッカー教授は著書の中で次のように述べています。

【マネジメント】
 http://03auto.biz/clk/archives/tmcdek.html

 トップマネジメントの仕事がチームの仕事であることを認識することは、

特に中小の企業において重要である。

企業が成長できないのも、トップのワンマン体制が原因

であることが多いからである。

【イノベーションと企業家精神】
 http://03auto.biz/clk/archives/tmcdek.html

 まさに事業として成功し、成人したかに思われたそのときに、

 理解できない苦境に立つ。

 製品は一流、見通しは明るい。だが事業は成長しない。

 原因はつねに同じである。

 トップマネジメントの欠落である。

事業が成長しない、その原因はマネジメントの欠落なのです。

【質問】あなたの会社にマネジメントはありますか?

商売のセンスは先天的なものですが、

経営のセンス(マネジメント)は学習で得るものです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました