ホーム / メールマガジン /

神様を味方につける初詣の仕方

神様を味方につける初詣の仕方

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

毎年恒例、

神様を味方につける初詣の仕方です。^^

鳥居の前で礼をして参道の端を歩くとか、

手水の使い方とかは各自で確認をお願いします。(笑

二礼二拍一礼を済ませ、

神様の前で手を合わせたら、

まずは住所と氏名を述べます。

どういうわけか神様は、

自己紹介をしないと

どこの誰だかわからないらしいのです。^^;

で、

いきなり「~ますように」と

お願いをしてはいけません。

自分が神様の立場で考えればわかりますが、

お願いばかりしてくる人、

いきなりお願いをする人は

ちょっと後回しにしたくなりますよね。(笑

あと「~ますように」というのは、自分自身の問題として、

できていないからそれを望んでいる自分を再確認する行為であり、

しかも神頼みで神様に任せてしまうことで、

自分のコントロールを手放してしまっています。

だからまずはお礼を言います。

「おかげさまでこれだけ素晴らしい一年を過ごすことができました。

 本当にありがとうございます」と。

全ての基本は感謝とお礼。^^

そうすると神様は、

実際に手助けをしていても、していなくても、

「おう、よかったな」^^

くらいには思いますよね。(笑

そこで他の参拝者と差をつけておいて、

ちゃっかりお願いをします。(笑

私の場合はこんな感じ。

「今年も一年、

 私のミッションである中小企業を元気にするために頑張りますので、

 私がいい判断、いい行動をできるように、

 どうぞ力をお貸しください」ナムナム、と。

やるのはあくまで自分で、

人外の部分でできたらちょこっと手を貸して欲しい、

というお願いの仕方ですね。^^

上手にお参りして、

しっかり神様の力を借りましょう。(笑

【質問】神様を味方に、つけられますか?

天は自ら助くる者を助く、なのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました