ホーム / メールマガジン /

竜馬の居眠り堤

竜馬の居眠り堤

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

高知には「竜馬の居眠り堤」と呼ばれている堤防があります。

竜馬が18歳の頃、四万十川の堤防工事に

100人の人夫を使う責任者として参加したそうです。

工事区間は10工区あり競争をしています。

ところがどの区でも人夫は隙あらば怠けたり喧嘩をしたりして、

工事はなかなか進みません。

各区の責任者はときには刀を抜いて脅したりして

どうにか工事を進めていたそうです。

それに対し竜馬は、いつも松の木によりかかって

膝を抱いて居眠りをしています。

ところが龍馬の区の人夫は陽気にいきいきと働き、

他の区の半分の日数で仕上がってしまったのです。

いったいどうやったのでしょうか?

竜馬は工事を分掌し、責任者を巧みにえらび競争させました。

そして毎日出来具合を確かめて褒美をやったそうです。

ここには、経営者として人を動かす要素がいくつも含まれています。

・業務を分解し業務ごとにチームを作る(分掌)

・有能な人材を抜擢し責任者にする

・チーム間で競争させる

・自分は口を出さない(寝る)

・短いスパン(毎日)の評価判定

・評価に基づく待遇(褒美)

もし自社の社員がイキイキと働いていないと感じるなら、

自社にはどこの部分が不足をしているのか確かめてみましょう。

【質問】社員さん達は、イキイキと働いていますか?

出来る社長は、自分が頑張りません。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました