組織と個人

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
以下はスティーブン・R・コヴィー博士の「第8の習慣」から

大企業従業員へのアンケート結果です。



・ 自分の属する組織が達成しようとしていることと

 その理由をはっきり理解している人・・・37%


・ チームや組織の目標達成に意欲を持っている人・・・5人に1人


・ 自分の目下の課題と、チームや組織の目標との間に

 明確な見通しを持てている人・・・5人に1人


・ 週末に振り返ってみて、自分が成し遂げた仕事に満足できる人・・・半数


・ 主要な目標を達成する上で、組織が自分の能力を

 フルに発揮させてくれていると感じている人・・・15%


・ 強い信頼感で結ばれた職場環境だと感じている人・・・15%


・ 異なる意見を尊重し、新しいよりよいアイデアを生むような

 開かれたコミュニケーションを組織が奨励していると

 感じている人・・・17%


・ 社員は組織において結果の責任を引き受けていると

 感じている人・・・10%


・ 組織を完全に信頼している人・・・20%


・ 組織内の他のグループや部署との間に

 高い信頼関係と高度な協力関係があると感じている人・・・13%



サッカーチームでいえば、

どっちが相手のゴールかが分かっているのは、11人中4人。

勝負に関心があるのは2人。

自分のポジションと役割が分かっているのも2人。

しかも11人中9人は敵よりも自分のチームメイトに

対抗意識を持っていることになります。



この質問集は怖いですね。

組織は大きくなるほど、この割合に近づきます。

中小企業がこうなったらひとたまりもありません。



もう一度、社内を見回してみましょう。

この記事を共有する

コメントは締め切りました