ホーム / メールマガジン /

経営とは力を増幅させる仕組み

経営とは力を増幅させる仕組み

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

世の中には、

1対1の関係でしか力を発揮できない仕事と、

1対多で力を発揮できる仕事があります。

マッサージ師さんなんかは1対1の典型で、

同時に複数を相手にすることはできません。(たぶん

だから稼ぎを多くしたければ、

長時間働くか、単価を高くするか、人を雇うことになります。

ちなみに美容師さんや歯医者さんはアシスタントを使うことで、

1対複数の関係になっていますね。

中小企業の場合、人を雇うことで社長の力を増幅させようとします。

それには2種類あって、

言い方は悪いですが単純に上前を跳ねるパターンと、

組織として力を相乗させるパターンです。

上前を跳ねるパターンの場合、

自分に力が付いてきたと思うとさっさと独立し、

同じことを繰り返します。

美容師さんなんかに多いパターンですね。

組織として力を増幅させるパターンは、

技術開発、製造、販売、品質管理、法務など、

複雑な機能を融合させることで、

個人では生み出せないレベルの価値を生み出します。

ただしこれは組織が小さい時ほど大変で、

マネジメントとしては大きくなればなるほど楽になってゆきます。

1人社長の会社に1人めの社員というのはどこも大変です。^^;

また今どきは、ネットを使うことで、

人に頼らない力の増幅法も考えられます。

私の場合ですが5000人近い社長さんにメッセージを送れますし、

ネット上では24時間365日、集客と販売がおこなわれています。

組織化しているほどこういったやり方が苦手な傾向がありますが、

組織としてこの程度にネットを使いこなせれば、

より大きな価値を生み出せるのではないでしょうか。

【質問】どうやって、力を増幅させていますか?

力を増幅させて、より多くのお客さんの、お役に立つのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました