ホーム / メールマガジン /

経営と商売と社員とお客さん

経営と商売と社員とお客さん

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

経営に関するセミナーや本では、

「社員に任せなさい」とよく言われます。

(私も言いますが・笑)

でも中小企業の社長が気になっているのは、

社員に任せたためにお客さんを怒らせ、

お客さんが離れていってしまうことではないでしょうか。

私の結論としては、

お客さんより社員の方が大事です。

(ん? 自分のお客さんに送る文章ではないですね。^^;)

総じて社長は、

お客さんの痛みに対する感度が高いです。

感度が高いから経営できているとも言えますが、

実はお客さんはそこまで求めていないという、

過剰品質の場合もよくあります。

目の前のお客さんを怒らせ悲しませ

失望させてしまったとしても、

その社員が育つことで、

将来もっと多くのお客さんを幸せにできるのなら、

それが経営です。

「いやいや、

 目の前のお客さんを怒らせて売上を失ったら、

 今月ヤバいんだよ!」

というのであればそれは経営ではなく商売です。

商売に社員を巻き込まないで、

自分一人でやった方がお客さんも社員も自分も

みんな幸せかもしれません。

あれ?

なんだか辛口。(笑

社員が勝手に育つのを期待するのではなく、

一人前に育つと信頼し育てること。

どうせ自分の力では大したことはできないのです。^^

【質問】社員とお客さん、どっちが大事ですか?

経営なのか商売なのか、によりますね。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました