ホーム / メールマガジン /

絶対に困らなくなる方法

絶対に困らなくなる方法

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私は困ることがありません。

あんまり・・・?

たぶん・・・。(笑

飛行機に乗り遅れても、

自転車を盗まれても、

車を運転していて側面に突っ込まれても、

けっこう普通です。^^;

もちろん嫌なんですけどね。^^;

でも困りはしません。

困っても、嘆いても、うろたえても事態は好転しないので、

その瞬間においてベストの行動を取れるように努めます。

先日、クライアントの会議で営業さんが、

売上予算を達成できないで困っていました。

いくら営業に回っても価格勝負になるばかりで

受注に結びつかないと言うのです。

うーん、それは困りましたね。

いや困らない、困らない。(笑

困るというのは結果に囚われて、

動けないでいるということです。

受注に結びつくかどうかは結果であって、

その瞬間において自分がベストの行動をしていれば、

困ることはなにもありません。

その営業さんの場合には例えば、

休眠客リストを上から順番に回っていけばいいのです。

価格勝負になって利益を取れないのであれば、

無理に取りにいく必要はありません。

でも何十件かの休眠客リストに

2ヶ月か3ヶ月に1回ずつ顔を出していれば、

競合がなにかチョンボをしてくれるタイミングがあるわけで、

その時に価格競争にならずにひっくり返すのは

それほど難しくないですよね。

だから休眠客リストを一所懸命回っている限り、

困る必要も、困る暇もないわけです。

困るというのは実は困ったふりをして

暇で遊んでいるだけなんです。^^;

「社員が育たないで困っている」

という社長さんがよくいますが、

それも同じです。

その社員に対して「1年でここまで育って欲しい」と伝え、

育てるためにできることを全部やります。

例えば1週間に1時間使って育てれば、

1年間で52時間になります。

そうしたらその期間はなにも困る必要がないわけです。

で、育つか育たないかは結果なので、

ちゃんと育てばよかったね、ですし、

育たなければ減給でも職種転換でも卒業でも、

次のベストの行動を取ればいいわけです。

困ったと思ったら、

期限を決めてできることは全てやればいいだけで、

困っている暇はないのです。^^

【質問】困っていることは、ありますか?

たぶんそれ、暇だからです。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました