ホーム / メールマガジン /

総額5億円の機材が使えるものづくり拠点

総額5億円の機材が使えるものづくり拠点

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

DMMという会社をご存知ですか?

もともとはアダルトビデオ関連の会社だったと思うのですが、

今では総合通販、証券会社等を運営し、

2015年度見込みのグループ年商で1,358億円だそうです。

で、クライアントの社長さんから教えてもらったのですが、

秋葉原に、総額5億円の機材が使えるものづくり拠点

DMM.make AKIBAを2014年にオープンさせました。

DMM.make AKIBAは、

ハードウェア・スタートアップを支援するものづくり施設で、

秋葉原駅すぐそばの富士ビルの3フロア(10~12階)で、

延べ床面積は約2000平方メートル。

10階にある「Studio」フロアでは、

大手企業や町工場で導入されている、

5軸のCNC(切削機)や熱衝撃、荷重破壊、水圧試験機、

HDMI試験機などといったハードウェア開発に必要な

本格的な機材が揃います。

これはものすごい価値ですね。

会社で自由な開発を許されない大手企業の技術者や、

中小企業の強い味方。^^

個室のレンタルもありますが、

技術者同士の交流が起こりやすいように

シェアスペースも充実しているそうです。

利用料は月額契約制で1万5,000円から3万。

うーん、

思わずヨダレが出そうな環境です。

私も技術者になりたい。(笑

これがDMM.make AKIBAのメインサイト。

https://akiba.dmm-make.com/

でもこっちの紹介しているサイトの方がわかりやすいかも。

http://japanese.engadget.com/2014/11/05/5-dmm-make-akiba/

こういう大きなことを考えられる会社さんて、

素晴らしいですね。^^

【質問】知っていました? ^^

やっぱりエロは強いですね。

違うか。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました