ホーム / メールマガジン /

自分のダメさで仕事をする

自分のダメさで仕事をする

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

あなたの仕事は、

毎日、毎月、毎年、

楽になっていますか?

「いやぁ年々厳しくなってきています」

「今月はいいけど来月は厳しいなぁ」

「朝から晩まで、毎日バタバタですよ」

こういう社長さんは大変ですね。

私が知る社長さん方は、

皆さんとても優秀な方達です。

でもとても優秀なのに多くの社長さんが、

大変な仕事の仕方をしてしまうのは

どうしてでしょうか。

それは、自分の優秀さで仕事をしているからです。

社長の優秀な能力で仕事を回している会社は、

社長の能力、体力が会社の限界です。

人間、そうそう長くは飛ばしていられません。

また目の前の仕事に没頭していると

新しい商売の種を拾うこともできなくなります。

だから自分の優秀さを手放すことが必要です。

ちょっとダメな社長なんだけど、

幹部、社員が頑張ってくれて会社はうまく回っている。

それでもいざという時は頼りになる社長。

そんな状態が理想ですね。^^

もちろん、いきなり手放せばみるみる減速して

「やっぱりダメだ!どけ!俺がやる!」

となることが目に見えています。^^;

だから、もうちょっと長期的な視点を持って、

今、社長がしているこの仕事は、

3年後までに●●さんにやってもらう。

だから今年は、今月は、ここまでできるようになってもらう。

それができたらこういう評価(報酬・ポジション)をする。

ということを、任せる相手ときちんと話し合って決めるのです。

決めたらちゃんとその通りにやらないとダメですよ?(笑

ここで社長が手の平返しをしてしまうから、

余計に信頼がなくなります。^^;

いつまでも一番優秀な自分でいてはいけません。

優秀さの螺旋から降りて、

自分のダメさで仕事をするのです。

【質問】自分の優秀さで、いつまで戦いますか?

手放すことができれば、あとは楽々ですよ。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました