ホーム / メールマガジン /

自分の会社を持つ社長とエリートサラリーマン

自分の会社を持つ社長とエリートサラリーマン

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

同じくらいの稼ぎのある2人がいます。

でも1人は自分の会社を持つ社長で、

もう1人はエリートサラリーマンです。

そうなると稼ぎは同じでも、

手元に残るお金はずいぶん違ってきます。

こんなイメージ。

自分の会社を持つ社長

1.稼ぐ    100

2.使う     50

3.税金を払う  25

  残り:    25

エリートサラリーマン

1.稼ぐ    100

2.税金を払う  50

3.使う     50

  残り:     0

使いようによって会社は、

合法的な節税装置となります。

自分の会社を持つ社長とエリートサラリーマンが、

2人で飲みに行ったとしましょう。

2人ともビジネスマンですから、

当然仕事の話をします。

すると自分の会社を持つ社長は経費で精算。

でもエリートサラリーマンは

会社に請求できるわけもなく、

税金を支払った後の貴重なお金を使うことになります。

また弊社一番の売れ筋、

旅費規程活用マニュアル。

これは出張時の交通費、宿泊費を定額で支払い、

さらに出張手当まで支給することが

できるようになります。

自分の会社を持つ社長は、

この金額にちょっと余裕を持って設定することで、

「2.使う」の金額を多くすることができます。

その結果、

「3.税金を払う」がますます少なくなるのです。

私から見ると稼いでいるサラリーマンは

「自分で会社を作っちゃったら?」

と思います。^^;

厚生年金の加入要件を、

現在の8.8万円以上から6.6万円以上へ

引き下げを検討しているとか言っています。

これからは税金、社会保険の知識が不可欠です。

以下は中小企業社長、1人社長がマニュアルを

買うのがいいか判定表です。(笑

・独立起業を考えている

 →独立起業マニュアル
  https://yurui-business.com/cc-dokuritu/

・出張や夜の会合が多い

 →旅費規程活用マニュアル
  https://yurui-business.com/cc-ryohikitei/

・役員報酬が月60万円以上

 →役員賞与活用マニュアル
  https://yurui-business.com/contents/yakuinshouyo/

 →旅費規程活用マニュアル
  https://yurui-business.com/cc-ryohikitei/

・60歳以上で厚生年金をもらっていない

 →役員賞与活用マニュアル
  https://yurui-business.com/contents/yakuinshouyo/

・賃貸住宅に住んでいる

 →住宅規程活用マニュアル
  https://yurui-business.com/cc-jyuutakukitei/

・ゴルフが趣味

 →福利厚生規程マニュアル
  https://yurui-business.com/contents/fukurikousei/

・人件費を削減しつつ社員の手取り増やしたい

 →人件費削減マニュアル
  https://yurui-business.com/cc-jinkenhi/

【質問】どのマニュアルが、使えそうですか?

無策では、お金を残せません。

この記事を共有する

コメントは締め切りました