ホーム / メールマガジン /

自分の居場所を無くす

自分の居場所を無くす

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

企業経営においては属人的でないことが重要です。

もし「あの人がいなければダメだ」という状態であるなら、

いつその会社が終わっても不思議はないということです。

そしてそれは社長も例外ではありません。

というより、多くの中小企業において、

社長一人の肩に会社の命運を全て載せてしまっていること

が一番の問題です。

それはある意味、お客さん、仕入先、社員にとって

無責任と言えるかもしれません。

社長がいなくてもきちんと売上利益を上げ続け、

成長する会社にすること。

自分のすべてを注ぎ込んできた会社において、

業務上、不要な人になる決意。

この淋しさに耐えられる人が経営者です。

社長がこの意識を持った時、商売人から経営者に脱皮し、

会社は次のステージへと向かいます。

【質問】社長は会社にとって、絶対に不可欠な「人」ですか?

業務上、不要な人になったとしても、「社長がいる(た)から頑張れる」

そんな精神的主柱であり続けたいですね。

この記事を共有する

コメントは締め切りました