ホーム / メールマガジン /

自分らしく、人の役に立つこと

自分らしく、人の役に立つこと

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

2002/06 『一番いいのはサラリーマン 』(扶桑社文庫)

2004/04 『サラリーマンなんか今すぐやめなさい』 (ビジネス社)

この2冊の本はボストンコンサルティンググループの元日本代表、

現ドリームインキュベータ代表の堀紘一氏の著書です。

読んだことはありませんが、正反対のタイトルに釣られ、

よく話のネタに使っています。

アマゾンでは「言っていることが矛盾している」というレビューが多いようです。

でも私が思うのは、どちらを手に取るかは自分で決めるということです。

私のように独立起業するタイプの人が『一番いいのはサラリーマン 』を

読んでも実りは多くなさそうです。

反対に役所タイプの人が『サラリーマンなんか今すぐやめなさい』 を

読んで本当にやめてしまったら大変なことになりそうです。

どちらが正解ということはなく、

唯一言えることは『いかに自分らしく生きるか』

ということではないでしょうか。

しかしいかに自分らしく生きても、

人の役に立たたなければ収入を得られませんし、

幸せを感じられないはずです。

ということで私がいま考える幸せの条件はこうです。

『自分らしく、人の役に立つこと』

振り返ってみましょう。

【質問】あなたの会社の社員は、その人らしく、人の役に立っていますか?

いくら人の役に立ったとしても、私がタクシーの運転手をしたところで

本当の幸せは感じられないと思います。

この記事を共有する

コメントは締め切りました