ホーム / メールマガジン /

自社を卒業させる優しさ

自社を卒業させる優しさ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

一般に社員の定着率が高いほど、

良い会社と考えられています。

しかし私がコンサルタントとして多くの会社を訪問させていただくと

そろそろ卒業時かな、という社員さんを見ることがあります。

社長の意識が商売人だったころは

優秀な右腕として活躍してくれていたのでしょうが、

社長の意識が経営者になった途端、

社長の大きな方針や会社の仕組みに対して

興味が持てずついていけなく人です。

私が知る限り、社長がいくら腹を割って話しても、

結局は上手くいかない場合がほとんどです。

※もちろん例外もあります

私はそれを会社の成長に必要な別れだと考えています。

その人はまた別の商売人の社長に仕えることが

一番輝く道なのではないでしょうか。

【質問】卒業を引き延ばしにしている社員がいませんか?

どうしても仕事ができない、合わない社員さんの場合については、

ホームページに書いています。

■ダメダメ社員について
 http://03auto.biz/clk/archives/wxquht.html

この記事を共有する

コメントは締め切りました