ホーム / メールマガジン /

英語を話せないのは夜中にゆるちゃんペポン納豆を食べないから

英語を話せないのは夜中にゆるちゃんペポン納豆を食べないから

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

商品を売るためには「新しい原因」が必要です。

例えば、英語の教材を販売する場合です。

まずは問題提起から。

「英語を自由に話せるようになりたいですよね?」

次に相手に適切な恐怖をあおります。

「英語が不自由だとリストラされちゃうかもしれませんよ?」

「海外旅行でバカにされちゃうかもしれませんよ?」

そしてこれまで問題を解決できなかった

新しい(本当の)原因を提示します。

「あなたが英語が話せなかったのは●●が原因なのです」

この●●にはリスニングとか文法とか、

幼少時代の習慣や学校教育、つきっきりのレッスン不足など、

さまざまな原因が入ります。

でもありきたりだとダメです。

「文法をわかっていないから話せません。

 文法を習いましょう」

だと当たり前すぎてお金を出せません。(笑

でも例えば、

「あなたが英語を話せないのは、

(夜中に納豆を食べないこと)が原因なのです」

と言われたらどうでしょう?(笑

「んなわけあるかい!」と思いつつも、

なんだかよくわからない理論、実績で

納得させられてしまったら?

「納豆には大脳皮質の言語中枢にある言語野の動きを活性化する

 パピプペポン酸という成分が大量に含まれているのですが、

 その成分は夜中でないとうんたらかんたらで・・・・

 そしてこのゆるちゃんペポン納豆なら、

 パピプペポン酸が通常の納豆の10倍含まれています!

 ゆるちゃんペポン納豆で英語を話せるようになった人がなんと1万人!

 まずは東京都在住のゆるビジ子さん(39才)のお喜びの声をお聞きください!

 今から30分以内にお申し込みの方に、

 ゆるちゃん特製巾着袋をプレゼント!」

すみません、、ちょっと調子に乗りました。。^^;

事例がうさん臭すぎますね。(笑

私のコンサルティングやコンテンツ、メルマガは

「中小企業社長はゆるさが足りない」という新しい、本当の?

原因を提示しています。(笑

番人受けを狙って

当たり前の原因と解決策を提示してしまえば、

誰にも刺さりません。

お客さんが苦労している

新しい(本当の)原因を見せてあげましょう。^^

【質問】あなたの会社の商品は、どんな新しい原因を解決しますか?

普通じゃ、ダメなんです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました