ホーム / メールマガジン /

製品志向と市場志向

製品志向と市場志向

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

製品志向とは、

自社の商品をどうにかお客さんに使ってもらって、

売上、利益を上げようとすること。

市場志向とは、

顧客中心の考え方で、顧客を喜ばせるためならば、

なんでもできると知っていること。

例えばテレビメーカー。

ライバルとの画質競争、性能競争、価格競争に励んでいる間に、

ネット、スマホに顧客の時間、関心を奪われてしまいました。

それは自社の事業を「テレビを作ること」と

定義していたからではないでしょうか。

もし「顧客(消費者)に最新の情報を届けて楽しませること」と

定義していたらまた違った方向性が生まれていたかもしれません。

私は新卒で経営コンサルティングの会社に入りました。

もし私が製品志向で「経営コンサルティングで、中小企業を元気にしたい」

と考えたならば、今ごろしんどい道を歩いているかもしれません。^^;

幸い私は顧客志向で「中小企業を元気にする」ためならば、

何をしても構わないと思っています。

それが今のコンテンツを前面に出した事業構造です。

ミッションに向かいつつ儲かるのならば、

何をしたって構いません。

本当の意味での顧客中心。

言うは易し、行うは難し。

顧客が気付いていない課題を長期的な視点で考え、

解決策を創造してゆくのです。

【質問】顧客が気付いていない、本当の課題はなんですか?

今ある自社の商品が前提じゃあ、いかんのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました