ホーム / メールマガジン /

詐欺サイトの見分け方

詐欺サイトの見分け方

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

クライアントの社員さんがネット通販で注文、支払いをしたところ、

一切の連絡がつかなくなり、どうやら詐欺にあったようです。

そこで詐欺サイトの見分け方についてご紹介します。

誰だってアマゾンや楽天等の大手サイトを使った方が安心ですが、

詐欺サイトは大手サイトで品切れの商品を微妙な安さで販売しているため、

どうしても気になってしまいます。

以下の項目に当てはまる項目が多いほど、

詐欺サイトである危険性が高くなると言えるでしょう。

【チェックポイント】

・URL末尾が「co.jp」「jp」「com」ではない

・会社概要に住所、電話番号等の記載がない

・会社概要の情報が検索されないよう画像になっている

・支払方法が銀行振込のみでクレジットカード、代引きが無い、
 もしくはあっても選択できない

・銀行口座の名義が個人名である

・店舗の住所と振込銀行の住所が離れすぎている

・日本語が不自然

・関係のない楽天や他の信頼のおけるサイトのロゴが貼ってある

【怪しいと思ったらチェック】

・店舗名でネット検索してみる

・「店舗名+詐欺」で検索してみる

・住所、電話番号でネット検索してみる

【最終チェック】

・メールで簡単な質問を送ってみる

・特商法表記の電話番号に電話してみる

・代金引換等、後払いでしか支払わない

詐欺の手口はどんどん巧妙化しています。

ネットリテラシーを高めましょう。

【質問】社内のネットリテラシーは十分ですか?

社員の名前をネット上で、フルネームで紹介するのもやめた方がいいですね。

この記事を共有する

コメントは締め切りました