ホーム / メールマガジン /

誰が何を知っているかを知っているか

誰が何を知っているかを知っているか

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

組織学習の研究において、

「トランザクティブ・メモリー」

という考え方があります。

組織を持つ企業においてはそれぞれの部署、

担当において専門知識が細分化しています。

そして大事なのは、

個人に根付いた専門知識を

組織が効率的に引き出せるかどうかです。

例えばA社に営業に出かけようという時に、

「そういえば隣の課のB君は、

 A社の担当と仲がいいから聞いてみろよ」とか、

技術部門では、

「この加工は前にCさんが研究していたぞ」

というようにです。

組織内の「誰が何を知っているか」がわかっていなければ、

自分の専門でない知識が必要になった時に、

それを一から得るのに大変な手間がかかります。

私の場合は組織と言える会社ではありませんが、

なにか新しいことをやろうとした場合、

外部の仲間の誰に聞いてみればとっかかりがあるか、

だいたいわかります。

それがわからない場合でも、

とっかかりがありそうな人を知っていそうな人は

思いつきます。

知り合いの知り合いをたどっていくと6人で

世界中の誰とでも繋がる「六次の隔たり」

というやつですね。^^

まあそんな大げさな話じゃなく、

「社内の誰が何を知っているのかを、

 それぞれが知らないともったいないよ」

というお話しでした。^^

【質問】組織の知恵を、使えていますか?

中途入社組が、苦労する理由の一つです。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました