ホーム / メールマガジン /

贅沢な本の読み方

贅沢な本の読み方

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
ステイホーム週間なので、

司馬遼太郎さんの『燃えよ剣』

を読み直しています。^^



めっちゃ丁寧に読み直していまして、

地名が出てくればグーグルマップで検索して、

「ふむふむ、土方歳三の家はここで、

 近藤勇の家はここ。

 近所のように書いているけど

 私の感覚では歩くのは大変だなー」

とか、



「土方歳三の生家があった日野市は、

 財政非常事態宣言を出しているぞ」

とか、^^;



「歳三は娘の部屋の雨戸にゆばりを流して、

 音もなく開けた。

 武州多摩の村々の若者は、

 娘をよばうときにこの法を使う」

と書いてあって、

『ゆばり』がわからなくて検索したりしていました。



『ゆばり』って、

なんだかわかりますか?



おしっこのことだそうです。(笑

古くは「ゆばり」「ゆまり」(湯放)と

いったそうです。



ほほーう。

そりゃ知らなんだ。

勉強になるなぁ。^^



あとは居合の達人が出てくれば、

ユーチューブで居合の達人の動画を見て、

そうすると関連動画まで見てしまって、

なかなか先へ進みません。(笑



一冊の本でも丁寧に読むと

いろんなことが見えてきますね。

贅沢な本の読み方の紹介でした。^^



【質問】ステイホーム、していますか?(笑



でも舞台を京都に移してからが、役人ぽくて面白くないです。。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました