ホーム / メールマガジン /

超一流の交渉術

超一流の交渉術

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

先週、

生命保険の神々と共に登壇させていただいた

熊本地震のチャリティイベントで、

超一流の交渉術というテーマでお話を

させていただきました。

でも私は、

自分に交渉力があるとは、

まるで思っていません。。^^;

交渉というと、

手練手管でいかに得をするかというイメージですが、

相手から奪おうとすればするほど、

自分の交渉力は弱くなります。

それはそうですよね。

自分に損をさせようと考えている相手ならば、

話を聞く必要はありません。

反対に、

相手に与えれば与えるほど、

自分の交渉力は強くなります。

私の場合、

というか他にお話されていた方々も皆、

どうやって相手に得をさせるかをとにかく考えます。

もちろん我々はビジネスマンですから、

自分の商品を安売りするわけにはいきません。

よく話す例ですが、

タクシーの運転手さんのプロとしての仕事は、

目的地に、安全に、早く、気分よく、

連れてゆくことで、

料金を負けてあげることではありませんよね。

で、気分よくの部分に関しては、

それぞれの個性が出てきます。

ジャズタクシーなんて人もいますし、

気持ち良く話を聞いてあげたり、

世間話をして和ませてあげる人もいます。

あんまり売れていない営業さんを見ていると、

自分が扱う商品の話しかしていませんよね。

前を見て運転しているだけの運転手さんのような。。

あれ、話が脱線して戻れない。。^^;

ええと、

本業のビジネス以外の部分でも、

相手が得する魅力を出せるといいですよね。

そうすれば自然と、

交渉相手も話しを聞いてくれる

ようになるのではないでしょうか。^^

【質問】本業以外でも、相手のお役に立っていますか?

それを、個性と呼びます。

この記事を共有する

コメントは締め切りました