ホーム / メールマガジン /

適格請求書等保存方式(インボイス制度)

適格請求書等保存方式(インボイス制度)

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
※ 正確性にやや難がある文章です。^^;

  詳細は税理士さんにご相談ください。



インボイス制度って、

聞いたことありますか?



現在の日本では免税事業者であっても、

売上に消費税を乗せてお客さんに請求することは

問題ありません。

(起業初心者はそれができずに苦労したりしますが)



100万円の仕事をしたら、

100万円+消費税10万円=合計110万円

を請求しますよね。



課税事業者の場合、

この仕事で30万円の仕入をしていたら、

3万円の消費税を支払っているので、

10万円−3万円=差し引き7万円

を国に納めることになります。



これに対して免税事業者は、

国に対して消費税を納める義務がありませんので、

差し引きした7万円も自由に使えます。



じゃあ「自分も免税事業者になりたーい」

ということになるのですが、

現在の免税事業者は大きく2つあります。


1)年間売上1千万円以下
 (2期前(2年前)の年間課税売上高が1千万円以下)

2)設立から2年以内
 (個人事業開業または資本金1,000万円未満の会社設立から2年以内)



「売上が小さい個人事業主&会社と、

 立ち上げたばかりの個人事業主&会社は

 お目こぼししておくよ」

という感じです。



しかーし、

2023年10月からインボイス制度が、

がスタートします。



この制度が始まると、

適格請求書(インボイス)でないと、

支払った消費税を控除することができません。



10万円−3万円=差し引き7万円を納税

        ↓

10万円−0万円=差し引き10万円を納税



となると当然、

適格請求書(インボイス)を出してくれる

仕入先からしか購入したくありませんよね。



そして適格請求書(インボイス)を出せるのは、

課税事業者だけです。

つまり免税事業者は、

非常〜に商売がやりにくくなるのです。



年間売上1千万円以下の個人事業主&会社が、

考えられる選択肢としては次の3つです。



1)課税事業者になる(消費税を納税)

2)値引きする(消費税相当分を値引き)

3)撤退する



うーん、

どれも面白くないですね。。

正しい努力としては売上を1千万円以上にして

頑張ることでしょう。



また新規設立については、

インボイス制度は2023年10月からスタートしますので、

個人事業または会社設立2年以内の免税期間をフルで使うには、

2021年9月までの設立が必要です。



社会保険料や消費税は、

赤字の会社にも容赦がありません。

必要な知識をしっかり持って、

負けない経営をしましょう。



【質問】どんな影響が、考えられますか?



消費税は、キツいです。。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました