ホーム / メールマガジン /

部下の力量よりも少し上の仕事を与えること

部下の力量よりも少し上の仕事を与えること

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

今日から3日間にわたり、

本多静六氏(1866~1952年)の『私の財産告白』より、

社員を育てる社長の心得をご紹介します。

1.部下の力量よりも少し上の仕事を与えること

2.仕事の意味、内容、やり方を丁寧に説明し、部下の腹案を確認すること

言われてみれば当たり前のことですが、

日々の業務の中で意識してできているかと言われると

なかなか難しいのが現実かもしれません。

仕事を通じて部下の人生に愛情を注ぎましょう。

【質問】部下の仕事は、部下の成長につながる仕事になっていますか?

去年も今年も来年も、同じ人に同じ仕事を同じようにさせているということは、

会社の競争力は年々落ちているということです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました