ホーム / メールマガジン /

間違いの中にある正しさ

間違いの中にある正しさ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

自分が正しいと思うことは、

今の自分が同意していることであり、

自分が正しくないと思うことは、

今の自分には同意できていないことです。

自分の人生が望み通りと思えるのなら、

自分の同意する正しさは現在の環境に

あっているということです。

しかし自分の人生が望んだものと違うようなら、

自分の同意する正しさは現在の環境に

あっていないということになります。

もし自分の人生をより良く変えたいと思うのなら、

今の自分が間違っていると思うことの中に正しさがある、

ということを認める必要があります。

ところがやっかいなことに、

世の中には自分の利益のために、

人をより間違いへと誘導する偽物も少なくありません。

でも偽物を恐れて動けないのであれば、

それもまた状況はなにも変わりません。

偽物上等。

もしお金を払ってから偽物と気づいたとしても、

その経験を払ったお金以上の糧にすると決めておけばいいのです。

また自分にとっては100%悪意の塊、

本当の偽物(?)だったとしても、

いつか、誰か、どこかの場面では、

本物になり得るかもしれません。

間違い上等で行動し、

正解も間違いも全て人生の糧にすること。

そうすれば何も間違いはありません。

どんどん間違えてゆきましょう。^^

【質問】間違いと思っていることの中に、正しいことはありませんか?

「見せてくれ、そうすれば信じる」と言う人には、

見えない世界もあるのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました