ホーム / メールマガジン /

限定社員制度

限定社員制度

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

以前にある企業の人事制度設計をした際に、

『限定社員』という雇用形態を作ったことがあります。

正社員 :時間、地域の制限なく働く分、
     給料や退職金を高く設定

限定社員:時間または地域を限定した分、
     給料や退職金を低く設定

パート :決められた時間、決められた仕事を時給でおこなう

特に女性の希望者が多かったのですが、能力は正社員と同等なのに、

夕方5時までには帰る必要があったり、基本的に転勤が不可能であったり、

そういった状況の人をパートとしてではなく、

社員として活躍してもらうために作った雇用形態です。

いざとなれば、なんでもしてもらう正社員と比べ、

給料や退職金は低く設定しましたが、責任者にも抜擢し、

制度としてはかなりうまくいきました。

中小企業の場合、男性よりも女性の方が潜在的に優秀な人が多いです。

ん? ちょっと危険でしょうか・・・

私の経験則ということで、クレームはなしでお願いします。(笑

というのも、優秀な男性はどうしても都会、大企業に行ってしまいます。

しかし女性の場合は優秀であっても家庭に影響を受けやすいため、

地方の中小企業にも入りやすいと考えます。

そんな訳で、中小企業こそ女性活用が必要だと考えています。

「時間や地域の制限があるから、あなたは時給800円のパートです」

ということではなかなか活躍してもらうことができません。

そこで限定社員という仕組みを作ることで、

優秀な女性に活躍してもらうことができるようになるのです。

反対にいい年齢の男性というだけで、正社員として扱われている人も問題です。

稲盛方程式の『 能力 × 熱意 × 考え方 』を参考に評価しましょう。

【質問】女性というだけで、パートとして扱われている人はいませんか?

家庭と会社の状況に応じて、正社員と限定社員を行ったり来たりすることも可能ですね。

女性の場合、むしろその方が自然かもしれません。

この記事を共有する

コメントは締め切りました