ホーム / メールマガジン /

集客がいちばんだいじ?

集客がいちばんだいじ?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
ネットの広告を見ていたら、

「集客ができればビジネスは全部うまくいく」

的なことが書いてありました。



違和感を持ったので、

こっそり反論してみます。(笑



うまく集客できて目の前にお客さんがいても、

成約できないと意味がありませんし、

単価が安すぎても儲かりません。

式にするとこんな感じです。



見込客数 × 成約率 × 客単価 = 売上



集客はこの式の見込客数の部分なので、

売上を上げるためには成約率を上げること、

客単価を上げることにも取り組む必要があります。



むしろ即時業績アップをしたければ、

客単価、成約率、見込客数の順に

手を入れていったほうが簡単です。^^



あとこの公式は見込客数が相当いる場合にだけ有効です。


例1)チューインガム型ビジネス

 低単価のものをたくさん売るビジネスの場合、

 より多くの人の目に触れることが重要です。

 成約率はパッケージングですね。



例2)起業家向けビジネス

 起業したい人は今たくさんいます。

 そういった人に起業塾などを売りたい場合、

 単価は高く、クロージング(成約)に自信があれば、

 あとは見込客数を増やすだけです。



例3)田島型ビジネス

 田島のお客さんは全国の中小企業社長です。

 中小企業は380万社くらいあるそうなので、

 見込客数は相当いると言えます。

 じっくりと客単価を上げ、成約率を改善し、

 見込客数を増やしていけばいいわけです。^^




例4)大手B to Bビジネス

 見込客数が極めて限られているビジネスです。

 私がミネラルウォーターの工場を支援しているときは、

 イオンなどの有力な小売をまずは30社リストアップし、

 上から順に電話をかけてゆきました。

 こうなると営業力(成約)だけが問題で、

 集客の入り込む余地はありません。



というわけで、

集客の重要度はビジネスの型による、

というお話でした。^^



【質問】あなたのビジネスは、どの型ですか?



型による戦術の違いを、整理しましょう。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました