ホーム / メールマガジン /

電話がイライラするティッピングポイント

電話がイライラするティッピングポイント

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

先日、友人に誘われて、

ある投資系のセミナーに参加してきました。

ネットからセミナーの申し込みを済ませたところ、

確認と会場の案内のメールが来ました。

ちゃんと申し込めたようだな、うん、問題なし。

すると数日後、

セミナー事務局の女性から電話がかかってきました。

「お申し込みいただきありがとうございます。

 セミナー会場の場所はお分かりになりますでしょうか?」

「まだ見ていないけど、たぶんわかります」

意味のない電話をしてきた上、

昼寝中だった私は不機嫌。(笑

そしてセミナー当日、

会場に向かって歩いているところにまた電話。

「場所はおわかりになりますか?」

荷物を抱えて急いでいたこともあり、

なんだかイライラ。(笑

「今、向かっていますから!」

なんでいちいち電話かけてくるんだよ・・・、

と私は思っていました。^^;

そして先日、

神田さんのセミナーに参加していたところ、

人の対応が丁寧に感じるティッピングポイントは

51歳と言っていました。

ある統計的な調査によると、

今の51歳以上の方はこのような丁寧な電話での対応を

嬉しいと感じるようですが、

私のように51歳以下の人は、

電話をかけてこられるとうるさいと感じるそうです。

もちろん人によるのですが、

確かに傾向的には当てはまるかなと。

「お客さんには丁寧な対応がいい」

と盲目的に決めてかかるのではなく、

お客さんの世代、性別、属性等によって、

対応を変えるのがベストですね。^^

【質問】お客さんごとの望む距離感を、理解していますか?

自社のルールではなく、相手矢印なのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました