ホーム / メールマガジン /

電通「鬼十則」と「裏十則」

電通「鬼十則」と「裏十則」

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

電通「鬼十則」。

電通中興の祖、故吉田秀雄社長が定めた、

平明簡潔ながら営業の真髄をついた大変な社訓です。

1)仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。

2)仕事とは、先手先手と働き掛け、受身でやるべきではない。

3)大きい仕事と取り組め。小さい仕事は己を小さくする。

4)難しい仕事をねらえ。それを成し遂げるところに進歩がある。

5)取り組んだら放すな。殺されても放すな。

6)周囲を引きずり廻せ。引きずるのと引きずられるのとでは、
  長い間に天地の差が出来る。

7)計画を持て。長期の計画を持っていれば、
  忍耐と工夫と正しい努力と希望が生まれる。

8)自信を持て。自信がないから君の仕事は迫力も粘りも厚みすらもない。

9)頭は常に全回転。八方に気を配って一分の隙があってはならぬ。
  サービスとはそのようなものだ。

10)摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。
  でないと、きみは卑屈未練になる。

鬼十則はわりとよく知られていますが、

その逆バージョンである電通「裏十則」

というものもあったようです。

1)仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。

2)仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。

3)大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。

4)難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。

5)取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に…。

6)周囲を引きずり回すな。引きずっている間に、
  いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。

7)計画を持つな。長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、
  そして空しい失望と倦怠が生まれる。

8)自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、
  そしてついには誰からも相手にされなくなる。

9)頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。
  ゴマスリとはそのようなものだ。

10)摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。
  でないと君は築地のドンキホーテになる。

オイオイオイオイ・・・。^^;

これは電通の経営計画室に勤めていた方作ったパロディだそうです。

http://www.nozomu.net/journal/000123.php

でもどちらが現実社会に近いかというと、

裏十則の方が近いような気も・・・。(汗

あなたの会社は今、「鬼十則」でしょうか?

それとも「裏十則」でしょうか?

願わくば「鬼十則」な会社でありたいものです。

【質問】あなたの会社は、「鬼」ですか?「裏」ですか?

当社は「鬼」ですね。(キリッ!・笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました