ホーム / メールマガジン /

頭の中のそれはそれゾーン

頭の中のそれはそれゾーン

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

今日のメルマガはちょっとしたお遊びです。^^;

問題:次の動画を見て白チームのパスの回数を答えてください。

https://www.youtube.com/watch?v=vJG698U2Mvo

ちゃんと数えました?

本当に?

ちゃんと数えないと面白くありませんよ?

こうやって引っ張るの、あまり好きじゃないんですが。。(笑

そろそろ、見たかな・・・? ^^;

実はこの問題、パスの回数は問題ではありません。

動画を最後までちゃんと見た方はもうお分かりでしょうが、

パスをしている最中に、ゴリラが出てきます。

見ていない人は何を言っているのか分かりませんね。^^;

白いTシャツのチームのパスの回数を数えることに集中していると、

途中でゴリラが出てきてウホウホ!

とやっても目に入らないという実験です。

ご興味のある方はこちらの本を読んでみてください。

■錯覚の科学 (著)クリストファー・チャブリス

 http://goo.gl/TKZfoD

ただ面白くて言いたかっただけなので、

ここからどうやって経営的な学びにつなげようかな。。(笑

人間は、自分の想定外のことはなかなか目に入ってきません。

思い込みというやつです。

つい最近も仲のいい友人に、

「田島さんがオーディオ教材を勧めている意味が、

 やっとわかりました!すごくいいですね!」

と言われました。

さんざん言っていたのですが、

頭の中の「それはそれゾーン」に入ると、

人はなかなか抜け出すことができません。

社長が社員にさんざん言っていることも、

「それはそれゾーン」に入っていたりしませんか?

「社長はそう言うけど、実際はね・・・」とか言われちゃって。

これを打破するには他の立場の人から、

同じことを言われるのが有効です。

実はそれがコンサルタントという商売の価値だったりします。

【質問】目に入らない、ゴリラはいませんか?

明日はお勧めのオーディオ教材をご紹介します。

この記事を共有する

コメントは締め切りました