ホーム / メールマガジン /

顕在キーワードと潜在キーワード

顕在キーワードと潜在キーワード

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

検索エンジンに打ち込まれる言葉は、顕在キーワード。

打ち込まれない言葉は、潜在キーワードです。

たとえば当社の場合、

「旅費規程というものを使うと節税できるらしいぞ」

ということを聞いた社長さんが、

「旅費規程」と検索してくれればそれは顕在キーワードです。

だから「旅費規程」という言葉で、

検索エンジンの上位に出てくるようにすることが重要です。

(今日現在で7位です。)

でも「旅費規程」という言葉が頭に入っていない社長さんが

このキーワードを検索してくれることはありません。

その場合は潜在キーワードです。

潜在キーワードの場合、

そもそも検索しないのですから、

いくら検索エンジン対策をしても意味がありません。

それではどうすればいいのでしょうか。

「節税」となれば顕在キーワードですが、

これだけ大きなキーワードで上位に出ようにと考えるのは、

ライバルが多すぎて現実的ではありません。

またPPCと呼ばれる有料広告も有効ですが、

広告単価がグングン上がっています。

(今日時点で1クリックあたり344円です。)

そこで私はFacebook広告で全国の社長さんだけを対象に、

「旅費規程で節税ができますよ」という潜在キーワードを

顕在キーワードに変えるための広告を出しています。

これを見て、

「旅費規程というものを使うと節税できるらしいぞ」

ということが頭に入ってもらえばOKです。

(こちらは1クリックあたり50円から90円です。)

もちろん、ネットから離れてセミナーでお話ししたり、

社長さんが見るような雑誌に広告を出すことも考えられます。

顕在化していない潜在ニーズ(必要性)、

潜在ウォンツ(欲望)をいかに顕在化させるか。

その視点がマーケティングなのです。

【質問】あなたの商品は、顕在商品ですか?それとも潜在商品ですか?

潜在キーワードが顕在キーワードに切り替わるあたりが美味しいですね。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました