ホーム / メールマガジン /

顧客のランク分け

顧客のランク分け

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

取引実績と拡大余地という2つの視点から、

お客さんを以下のようにランク分けすることができます。

A:取引実績もあり、拡大余地もある

B:取引実績はないが、拡大余地がある

C:取引実績はあるが、拡大余地がない

D:取引実績も拡大余地もない

このようなランク分けをしないと、

営業マンはA・Bの「行くべき顧客」ではなく

C・Dの「行きやすい顧客」にばかり、

訪問することになります。

以下それぞれの営業方針です。

A:取引実績もあり、拡大余地もある

 自社と顧客の担当者だけで接点を維持しようとするのではなく、

 上司を巻き込んでより強固な関係を築きます。

B:取引実績はないが、拡大余地がある

 競合会社にとってのAランクなので、

 それをひっくり返すには自社のエース級の営業マンで対抗します。

C:取引実績はあるが、拡大余地がない

 あまり時間をかけてはいられないので、

 新人や事務方の一括対応が考えられます。

D:取引実績も拡大余地もない

 何かが当たって急成長する可能性もあるので、

 1年に1回程度は挨拶をするなどの接点を持っても

 いいかもしれません。

【質問】顧客のランクは、社内で共有されていますか?

とるべき行動も、共有しましょう。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました