ホーム / メールマガジン /

顧客の十戒

顧客の十戒

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

こちらのHPで紹介されている顧客の十戒。

http://www.interactive-marketing.co.jp

うーん、紹介させてもらっておいてなんですが、

なんだか見づらいサイトですね。。^^;

当社にご依頼いただければ見やすくリニューアルが可能です。(笑

当社のサイトは見やすいと評判です。^^

http://yurui-business.com/

【顧客の十戒】

一 私には、選ぶ権利があります。

  しかし、あなたから買う義務はありません。

二 私は満足したいのです。

  満ち足りることができれば、どこの何の商品であっても構いません。

三 あなたのことを忘れても、私を責めないで下さい。

  自分と家族のことは忘れませんが、他人のことは忘れてしまいます。

四 私は常に、あなたから買おうか、他から買おうか、迷っています。

  あなたから買う理由がなければ、私は他から買うかも知れません。

五 私は、何らかの得をしたいと思っています。

  あなたに得させる目的で買おうとは思いません。

六 私は自動販売機から買うのではありません。人間から買うのです。

  私もあなたへお金を払う機械ではありません。

七 私をだまさないで下さい。

  もし、だまされたと知ったとき、私は絶対あなたを許さないでしょう。

八 私は人間ですから、理性と感情があります。

  知らないものは警戒するし、買っていいかどうか不安だし、

  怪しいものは近づけません。

九 金の切れ目が縁の切れ目といいます。

  あなたが欲しいのは顧客なのか、売上金なのか、私は見抜きます。

十 私に24時間必要なものは、空気と健康だけです。

  それ以外は、必要なときに、必要なだけあれば充分です。

こうやって言葉にされると、お客さんの感情に改めて気づかされます。

私がコンサルタントとしてマーケティングのアドバイスをする時は、

小難しい理論とかあまり関係なく、

自分が何も知らない顧客の立場だったらどう感じるか、

ということをひたすら追求します。

ここの部分がわかりにくい、この表現が怪しい、

なんだかしつこく営業されそう、料金体系が不明瞭、

本当のところはどうなの?などなど。

自社の外観、パンフレット、ホームページ・・・。

もしも自分が真っさらなお客さんだったとすればどう感じるのか、

見直してみましょう。

【質問】何も知らないお客さん目線で、自社の顔を見てみましょう。

多くの場合、ホームページが圧倒的情報不足です。

この記事を共有する

コメントは締め切りました